About Director

LINEで送る

「蒼のシンフォニー」監督
~ 朴英二からのメッセージ~

朴英二sikaku

思い起こせばこの10年、全国の朝鮮学校を撮り続けてきました。
その間に、「ウリハッキョ」や「60万回のトライ」という素晴らしいドキュメンタリー映画と出会い、私も朝鮮学校出身者の一人として、ウリハッキョをテーマにしたドキュメンタリーをいつか撮りたいと思うようになりました。
二つの作品の素晴らしさはご覧になった方はよくご存知だと思いますが、映画の中で監督たちが撮りたくても撮れなかったシーンがあります。
それは、高校三年生が祖国を訪問するシーンです。
私がこの作品を手がけようと思った直接的なきっかけは、その祖国訪問を撮りたい…と思ったことからでした。
そして、昨年9月茨城朝鮮高校三年生の祖国訪問に同行し、すべての日程を共にしながら撮影に挑みました。
写真でしか見たことのない風景…はじめて出会う人々…そこには様々な物語がありました。

日本で生まれ育った朝鮮学校の生徒たち。
生徒たちは、困難や逆境の中でも、明るく笑い、元気に歌い、そして堂々と前を向き、しっかりと夢を語ります。
私はこの生徒たちの姿の中に、世界中の人々に通じる普遍的な何かが存在すると確信しています。
この映画を日本だけでなく、世界に届けたい。
そんな想いを込めて「蒼のシンフォニー」を制作しました。

皆さま。
暖かいご支援、ご協力、応援のほどよろしくお願いしますm(_ _)m

2015年 10月 1日
監督 朴英二

 

Director Profile

朴英二(パク・ヨンイ)
Park Yeong-I
박영이

1975年大阪府大阪市生まれ。
神奈川朝鮮中高級学校を卒業後、朝鮮大学校政治経済学部哲学科へ。卒業後、バンタン映画映像学院にて映画を学び、卒業作品として制作した短編映画「まと う」は、日本•韓国•朝鮮3ヶ国の映画祭にて上映。その後も多ジャンルの映画や映像に携わりながら、10年にわたり全国各地の朝鮮学校を撮影し続ける。現 在その集大成とも言える長編ドキュメンタリー映画「蒼のシンフォニー」を製作中。

◼︎代表作◼︎

-2010.短編映画「まとう」(監督)
• 第5回福井映画祭2010短編部分グランプリ(観客賞)受賞
• 国際学生平和映画祭2010上映(韓国•春川)
• 第14回平壌映画祭上映

-2010.9 ドキュメンタリー映画「未来をあきらめなかったものたち」(監督)
• 第12回平壌国際映画祝典 構成賞受賞

-2013.3 短編映画「GALAPAGOS」李達也監督作品(プロデューサー)
• ソウル独立映画祭、テジョン独立映画祭ノミネート、仁川ディアスポラ映画祭招待

-2009〜2014 「ウリ民族フォーラム」総合演出&映像監督

IMG_7787sikaku